オモシロイことにチャレンジするディーラーjoin corporation(ジョインコーポレーション)

美容ディーラーjoin corporation(ジョインコーポレーション)

kuroの発信

2013/10/23
NEW:アメブロ更新しました『東京セミナー』
2013/09/28
ブログを更新しました『この前の訂正』
2013/09/15
ブログを更新しました『同行営業』
2013/08/21
ブログを更新しました『オモシロイメーカーさん(DRESS POINT)』
2013/08/19
ブログを更新しました『0%か100%』
2013/08/09
ブログを更新しました『野球から学ぶこと』
2013/07/20
ブログを更新しました。『選択』
2013/07/11
ブログを更新しました。『最強の「これイイよ!!」』
2013/07/11
ブログを更新しました。『答えは自分の中にあるって事。』
2013/07/09
ブログを更新しました。『キックボクシングをする理由。。』
2013/07/05
ブログを更新しました。『良い商品』
2013/07/03
ブログ更新しました。『ハワイ!!』
2013/06/20
ブログ更新しました。【プラモデルは完成するか!!?】

ブログ内検索

ブログ内をキーワード検索出来ます

RSS

R・JPN(アールジャパン)

カテゴリ : 美容全般
このたび、4月から新しくお取引をして頂くことになりました。

R・JPN(アールジャパン)さん。



実は、初めて見る商品じゃないんです。。

遡る事、2年くらい。
実は(株)イケダ時代に出会っていたんです。



ほれ。あったあった。

当時、お客様にご紹介いただき、現在の西日本統括の社長様にお会いする
ところまでは、行っていたのですが。。

当時は、縁が無かった。。。。(>_<)



しかし、H26年3月末。別のお客様のところで、『オモシロイパーマ液見つけたよ』の知らせ!!

駆けつけ、バージン毛への矯正を見つつ、私はパーマをあててもらいました。。

『エエヤン!!』と興味を持った、パーマ液のそのメーカーさんが、R・Jさんだったのです!(^^)!



ぼくが、さらに興味を持たないわけはなく、早速開発者の宮崎さんにお会いし、

約2年前にお会いした西日本統括の社長様をご紹介頂いたのです。。

パーマ液はこれからですが、早速オイルスパからスタートしたわけです!!!



ところが、話はまだ続いてまして、ご案内された講習に参加させて頂くと、

講習会場であるサロンは何と、ぼくが業界に入りたての頃、

飛び込みで突撃し、見事に撃破されたサロンだったのです!!!!!!

サロンの方は覚えてないでしょうけど、何かうれし恥ずかし(#^.^#)な気分


その講習会場で、1番最初にオイルスパをご紹介頂いたお客様とも再会でき、

新しいパッケージとなった商品とも再会出来たのです。。

昔の、片思いのマドンナに出会い、付き合い始めた気分です。。


人と人とは縁があると言いますが、商品ともこういったご縁があるというのは、

仕事上とても嬉しい事です。

ジョイントのjoinが商品にジョイントしてもらいました。


私にとって、何かあるR・JPNさん。。

今後のご縁に期待です!!




毛髪から抽出したシスティンで作った純シス!!

手荒れしないし、パーマをかけた感のない仕上がり。
以後注目です!!






2014-04-16 04:03:06

ION(イオン)の次はOZON(オゾン)です

カテゴリ : その他
ヴァイン オゾン&マイナスイオン発生 プロフェッショナルドライヤー

ウォッシュ エヴァ


マイナスイオンドライヤーの進化版

オゾン&マイナスイオンドライヤー!!買っちゃいました!!


ありきたりな表現ですが、髪がツルツル、サラサラになります!!風だけで!!!!

スゴイ





『オゾンて、聞いた事はありましたが、よくわからない。。

で、wiki wiki。

掘り下げていくと、電子、素粒子とかまで繋がります。。(汗)

理解不能なので、簡単に



『オゾン』まとめ。

オゾンは、酸素(O2)と酸素原子(O)によって構成されています。

なので、オゾン(O3)。

空気中では、オゾン(O3)の状態ではとても不安定で、

酸素原子(O)を放出して、安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質を持っています。

相手に酸素原子を受け渡す(酸化させる)力がとても強く、

その酸化力を利用して、水や空気の浄化、殺菌、脱臭、漂白。

有機物の除去など、幅広い分野で応用されているそうです。

この反応時、オゾンは残留物を残さず、環境に悪影響を与えないので、

安全な物質とされています。

しかし、高濃度になると、その強すぎる酸化力から、毒性の強い気体となる。

日本では、基準値を0.1ppmまでと定められているそうです。

オゾンは、平時大気中にも存在し、(0.005ppm位)

濃度が濃くなると

独特な臭いがあるそうです。

→このドライヤーで、私は感じません。。


特にこのドライヤーのメーカーさんからは、オゾン発生濃度の表記は無いようですが、

高濃度のオゾンを生成するには、

大々的な装置が必要らしく、ここでは心配には及ばないようです。




オゾンの毛髪への効果


パーマ、ヘアカラー後の酸化促進。残留薬剤の分解、除去。

薬剤臭、頭皮、毛髪の消臭、除菌。

脱毛予防と発毛促進。

キューティクルの引き締め。




仕上げの方法

マイナスイオン→しっとり保湿

オゾン→キューティクル保護、サラサラ効果













2014-02-05 00:17:02

今ごろ(><)クリープパーマ

カテゴリ : パーマ
今更ですが、クリープパーマ


ちょっとしたきっかけがありまして、クリープパーマを勉強したいと思います。

まず、クリープパーマとは???

私が元々もっていた知識では、還元剤で還元、軟化させ、中間水洗。
髪をフニャフニャにさせて、ロットに巻いたままスチーム(蒸す)
30分ほど置くと、毛髪内部がいい具合にズレて、酸化させるとパーマの持ちがいい。しっかりかかる。

てな感じでした。
あながち間違ってもない感じでしたが、もっと奥深そうで、まとめていきます。

『creep(クリープ)』とは、「ずれる、たわむ」という意味があるそうです。

パーマの工程においては、1剤で髪を反応させ、
中間水洗で流し、アルカリ剤や還元剤を除去した状態で放置する事を『クリープ期』というそうな。

その頃は、そういう呼び名など無かったようですが、1950年頃からパーマ時に
利用されてきた旧知の方法だそうです。

当時は、それほど強い薬剤が無かったため、薬剤の弱さをクリープ期でおぎなっていたそうな。

現在では、カラーをしているコンディションがほとんどで、毛髪のダメージや、
それぞれの髪質やそれに合わせたデザインを考えなければならない。

薬剤のパワーは落としても、ウエーブ効率は上げたい!!という願いから、
クリープに関心が集まっています。


ここで、お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、
パーマ工程において、クリープとは、1つの手法で、
クリープパーマ用の薬剤は何でもいいって事です。
(合う、合わないはあるとは思いますが)

商品を売り上げてナンボのディーラーが言う事では無いかもしれませんが、
わざわざ、クリープパーマ用に薬剤を増やす必要が無いってことです。

まずは試す事ですが。今お店にある薬剤で、
クリープと組み合わせれば、不可能が可能になるかもしれません。

自分でやりだして感じるのですが、在庫って増やしたくないですよね!??

そんな感じで、私は興味を持ちました。

では、また明日。
2014-01-30 03:46:05

ターゲッティング

カテゴリ : その他

最近、新規集客の手法として「ターゲッティング」という言葉をよく目にします。

ダレに向けて発信するか?と言う事で、それが今後重要になって来ると思います。

私(自分の美容室に)合うお客様だけに絞って発信する。ということです。

やたらにチラシを撒いても新規集客できない昨今。

「何かせねば!!」と

考えられているオーナーさんも多いと思います。

どういうお客様に向けた技術、サービスなのか?

年齢は?地域は?家族構成は?など

まずは、その未来のお客様へ向けた発信をすることだと思います。




ナチュラルハーブカラー

カテゴリ : 美容室
今日は、高槻市でナチュラルハーブカラーをされているお客様のところへ
行ってきました。

Atelier gems(アトリエ ジェムズ)さんです。

Atelier gemsさんは、お店の方全員で、Hair's Bar BINさんのところへ
ナチュラルハーブカラーを習いに行かれたそうです。

すごいですね行動力。

今では、お客様のほとんどにナチュラルハーブカラーをされて、
喜びの声を頂いているそうです。
ナチュラルハーブの力で、極力髪にダメージを与えず
カラーチェンジをされています。

お客様も満足されて、今ではカラーのリピート率がとても高いとか。。


今回お邪魔したのは、最新版のナチュラルハーブカラーをご案内に行ってきました。
Hair's Bar BINさんではすでに導入されており、
より良い結果が出ていたので自信を持って行ってまいりました。

*Hair's Bar BINさんに教わった最新版のナチュラルハーブカラーを
私がご案内する時は、ハーベンカラーと名付けているので同じものです。



私は、独立し屋号を決める際、悩んで
『join corporation』としました。
join(ジョイン)は、英語で
(人やモノを)つなぐ。という意味があったり、
2つ以上のモノ(人やモノ)を結びつけるという意味があります。

自身が今まで、素晴らしい周りの方々と繋がって、
成長してこれたので、大切にしたい言葉だったのです。


今回、アトリエ ジェムズさんにお伺いし、改めてjoin(つなぐ、結ぶ)役わりを
している喜びを感じました。

Hair's Bar BINさん、Atelier gems(アトリエ ジェムズ)さん
ホンマ感謝です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美容室に来られる、一般のお客様へ



さて、Atelier gems(アトリエ ジェムズ)さんのナチュラルハーブカラーが
近じか新しくなるかもしれません。。。

高槻周辺でカラーでお悩みのお客様は、
香草、ハーブの力でカラーをするたびに髪がキレイになる
『ナチュラルハーブカラー』を提供されている
Atelier gems(アトリエ ジェムズ)さんをオススメします。

お店が込み合っていることも予想されますので、
ご予約して行かれることをオススメします。

お車の方は、駐車場もありましたよ!!


→→Atelier gems(アトリエ ジェムズ)さん
072-693-8882





1 2 3 次へ